2010年10月27日

菜の花助産院


院長のプロフィール

助産師

 植田 幸代 B型 かに座

 小学校から白山市(旧鶴来)に在住

 金沢医科大学付属病院 産科・小児科杉浦クリニック・公立石川松任中央病院に勤務

  H9・3 菜の花助産院開業

 大学生長男、高校生長女、中学生次男がいる。

 趣味は特に無く、息子たちのテニスの応援、

 娘のダンスや民舞、ジャズコンサートが息抜きです。

 性格 おおらかでマイペース (主人いわく おおちゃくでわがまま)


活動内容

 月曜日 10時~

 カフェ・エンジェル2階で、オッパイマッサージ・ベビーマッサージ・

 育児相談に応じています。

 オッパイや妊婦に優しいランチも準備しています。

 マッサージを受けられた方は、割引サービスやタンポポ茶、三年番茶が付きます。

 (要予約)

 金曜日 10時~16時

 生命の森 ひろ助産院の外来担当

 その他の日 白山市・野々市町新生児訪問

 白山市・川北町妊婦教室・両親学級

 川北町2ヶ月児相談など

 杉浦クリニック患者様のオッパイマッサージ

 小、中学校 生命の話、性教育

 ※ 担当の産婦さんが入院されているときは、ひろ助産院にいることが多くなります。

   乳腺炎など、急な時はまずお電話下さい。


★嘱託医療機関&妊婦検査の流れ
★出産料金のご案内


「生まれてきてくれて ありがとう」

あたらしい生命を初めて抱くとき、無意識につぶやく言葉。
どこで生まれても、出産には感動があります。
でも、私自身末っ子を自宅で生んだとき、「私が、生んだんだ!」 今までに感じたことの無い、本能で感じる喜びがありました。
それが忘れられず、そんなお産の手伝いができたらと、平成9年に菜の花助産院を開業しました。
女性の生む力、赤ちゃんの生まれる力を信じて、自分のお産を自分で引き受ける。
自然なお産は、妊娠中から何んにもしないお産ではありません。
自然に生むために、何をしたらいいのか? 赤ちゃんのために何ができるのか?
一緒に考え、行動しましょう!

助産院や自宅でのお産って? まずどうしたらいいの?

★私たち助産師がお手伝いできるのは、正常な妊娠、分娩の方です。
正常な妊娠、分娩とは、逆子でない、双子でない、帝王切開の経験が無い、母に合併症(甲状腺疾患、肝炎、子宮筋腫など)が無い、胎児や胎盤、羊水に異常が無いなど。
(社)日本助産師会で定められたガイドラインがあります。ホームページ参照
 
まずは、一度相談に来てみてください!
出産場所を選ぶことは、女性にとってとても大切な事! 十分考えて選んでほしい。
ご家族の理解や協力も必要です。
良いところはたくさんありますが、リスクもあります。
わからないことは納得いくまで、聞いてください。・・・・
選ぶのはお母さんです!



助産院出産の場合

菜の花助産院には、入院施設はありません。
助産院出産を希望される場合、当院近くにあります、生命の森 ひろ助産院(井上 博子院長)を使用します。
同助産院では、院長の他にも地域で開業している助産師が外来を担当しています。
私は金曜日の外来を担当しています。
料金など、ひろ助産院ホームページ参照下さい。
昔は、1人のベテラン産婆が、自宅を駆け回っていたといいます。
でも今は、お産が始まったら担当以外に2人の助産師が、夜中でも駆けつけてくれます!
3つの輪で、大切な命を守って行きたいと思います。  

Posted by ログハウスカフェ エンジェル at 15:59菜の花助産院